平成30年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化になりました。


■国の安全基準に適合したライフジャケット

ライフジャケットなら何でもいいって訳ではありません。
001150803
国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、 桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)があります。

※桜マークのないライフジャケットは着ていないと一緒の扱いなので注意



ライフジャケットにはA、D、F、Gの4つのタイプがあります。

001226870












タイプAのライフジャケット

すべての小型船舶に法廷備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。
・黄色やオレンジ色などの発見されやすいような色
・サーチライトを反射する反射材が付いている
・存在をアピールするためのホイッスル(笛)がついている
・浮力が7.5kg以上ある


小型船舶用救命胴衣 C-2型

ocean_c2_orenge_front_01














LG-3型 手動膨張式救命胴衣

ocean_lg3_red_01



















WR-3型 手動膨張式救命胴衣 ウエストベルトタイプ

ocean_wr3_blue_01








子供用救命胴衣 Jr-1型

ocean_jr1s_jr1m_yellow_01




















価格は他のタイプのライフジャケットより、少し高いですが、
どんなシチュエーションにも使え、安全性も一番高いといえます。
        



タイプDのライフジャケット

平水区域、2時間限定、沿海及び沿岸区域を航行区域とする小型船舶(旅客船を除く。)
及び水上オートバイ等に法廷備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。

・黄色やオレンジ色に限らず自由な色
・サーチライトを反射する反射材が付いている
・存在をアピールするためのホイッスル(笛)が付いている
・浮力が7.5kg以上ある


BW-2003型


bw-2003_red_01



















タイプDはタイプAの色が自由になったライフジャケットだと思ってください。
※但しタイプAの様に全てのシチュエーションでOKというわけではないので、ご注意ください。

タイプFのライフジャケット

平水区域、2時間限定、沿海及び沿岸区域を航行区域とし、かつ、一定の諸条件に適する小型船舶(旅客船は除く。)及び水上オートバイ等に法廷備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。

・黄色やオレンジ色に限らず自由な色
・浮力が7.5kg以上ある


オーシャン1型

ocean_o1_orange_02















マリンジェットやウェイクボードなどのウォータースポーツに最適、マリン用スポーツ用のライフジャケット。

タイプGのライフジャケット

小型船舶用補助器具のことです。
これは、平水区域を航行区域とし、
かつ、一定の諸条件に適する小型船舶(旅客船は除く。)及び水上オートバイ等に法廷備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。

・黄色やオレンジ色に限らず自由な色
・浮力が5.85kg以上ある

注意!!
見た目がタイプAやDにそっくりな物がたくさんあり、

タイプGのライフジャケットとして国交省の認定を受けているため桜マークが付いています。


■罰則

安いからと買ったライフジャケットが桜マークのないものだったり、シチュエーションに適したタイプではなかった、着るのを忘れてしまったということがあると、罰則があります。

001150802















違反者は最大6ヶ月の免許停止になります。



さいごに

ライフジャケットを着用すると生存率が2倍になるというデータがあります。
自分の身、乗船者の身の安全の為に必ずライフジャケットの着用をしましょう。
さらに詳しくは国土交通省のHPをご覧ください。


海遊社ではマリン用品を多数記載しております。